企業としての姿勢

一般的にハウスメーカーは建築会社というよりも建築専門の商社といったイメージが強く、実際施工業者も設計も別途下請けに発注している分中間マージンが発生する関係から、割高になりがちです。設計も事前にデザインされたものを提供される事も多く、注文住宅としての自由度の低さを感じる事も多いのが現状です。クラシスホームは名古屋でも大手のハウスメーカーですが、比較的安い経費で施工できる事と自由度も高い事で人気を集めている数少ない会社の1つです。

安さの根拠をみると、設計および施工もすべて自社でまかなっているゆえに中間マージンが発生せず、安さを実現できている事に加えてスタッフとユーザーが綿密な話し合いを重ねて一緒に家を作り上げていっている姿勢が、高く評価されているのです。今後このような企業が増えていく事でしょう。

一方工務店として業界内外から高い評価を受けている工務店の1つ一条工務店が、エコ住宅に特化した住宅で得意分野を切り開いていったように、なんでもやります的姿勢を打ち出すよりも、得意分野や一点にこだわった姿勢を貫く店舗の方が、技術的進歩が高いのは当然です。建築会社を選ぶならこういった業者を選んだ方が後々の事を考えても無難でしょう。

まずは自分がどういった家を求めているのか、明確な方向性を決めておく事が成功の鍵でもあります。

名古屋でお勧めの業者

相場よりも高い経費で建てれば良い家ができるかと言いますと、必ずしもそうとは言い切れない部分がありますし、かといって安かろう悪かろうはもっと困ります。これから注文住宅を建てる予定にあるなら、依頼する業者もしっかり吟味する事が失敗のない注文住宅の獲得につながります。住宅業者にはいくつか種類があり、それぞれにメリット・デメリットがありますから、自分が求めている住宅の条件とも照らし合わせて建築業者選びをしたいものです。

ハウスメーカーは下請け業者である工務店をいくつか抱えて、素材選びからアフターサービスまで一貫して行っている総合建築会社であり、品質が一定していますから安定感がありますし、社会的信頼の厚さもあります。建材の研究開発も熱心に進めているところも多いです。たとえば愛知でもっとも施工事例の多いクラシスホームを見ると、デザイン住宅の実績が多く自然素材をふんだんに使った機能的な施工が目立ちます。価格を抑えつつ自社のこだわりを随所に盛り込んだ注文住宅を主に手がけています。

一方同じ愛知の建築会社でも一条工務店は文字通り工務店ですが、いわゆる工務店にありがちな職人の技術力のアンバランスはあまり見受けられません。工務店の良さは中間マージンがない分経費が安く住む点にあります。ハウスメーカーのように職人の数に合わせて短期間で施工というわけにはいかないのですが、良い職人に当たればどこよりも丁寧で快適な住宅を手に入れる事ができます。

一条工務店に関しては省エネ住宅部門で業界内外から高い評価を受けている、まさに愛知名古屋ではトップクラスの工務店です。

注文住宅欲しい

注文住宅は設計や間取りあるいは素材選びの段階から願望や夢を思いのままに形にした家であり、デザイン住宅とも言われるものですが、その分建て売り住宅よりも200万から300万程度経費が高くなります。一度建ててしまったらやり直しがきかないだけにどこの建築会社を選択するかも重要ですし、いきあたりばったりでは施工期間ばかりが延びてしまって、無駄なお金が飛んでいってしまいます。

建築会社とのしっかりした信頼関係と綿密な計画および下調べがものを言う部類の話である事は、当然ながら念頭にいれておくべきでしょう。同じ注文住宅を建てるにしても建てる地域ごとに相場の違いもあります。全国平均の相場を比較してみると東北エリア・首都圏エリア・関西エリア・南エリアとでは明らかに相場価格の幅に開きがあります。最も相場が高いのは東京都を中心にした首都圏エリアであり、もっとも安価にできるのは北海道を含む東北・北方エリアです。その差は1000万円近くもあります。

たとえば関西方面でも愛知県は約33000万円程度で東京都よりも300万円ほどの違いがありますが、他地方と比較すると高めです。以北エリアは外観や間取り以上に暖かく機能的な家を求められるからでしょうか。南はともかく湿気を防ぎ涼しく過ごせる家が欲しいに違いないと推測できますが、実は注文住宅の条件に外観や間取りに加えて、エコ住宅としての要素も求められるようになっているのが現実です。

そのための住宅素材や塗料および工法の研究開発が各業者で熱心に進められており、建築業界の技術的な進歩は目覚ましいものがあります。